フェアトレードデザートバー「ストロベリーミルク・シリアルクリスプ」 [1PC107]

フェアトレードデザートバー「ストロベリーミルク・シリアルクリスプ」 [1PC107]

販売価格: 420円(税込)

在庫なし
冬季限定のフェアトレードチョコ
NEW!
 
フェアトレードチョコデザートバー・ストロベリーミルク・シリアルクリスプ
 

フェアトレードのカカオなどをメインに使ったフィリングタイプのチョコレートバーが新登場!
ココアバターを贅沢に使ったクリーミーな味わいをお楽しみください。
ストロベリーの風味に加わるクリスプの食感も楽しい。

原材料名:砂糖、ココアバター、全粉乳、ひまわり油、脱脂粉乳、シリアルクリスプ(米粉、砂糖、トウモロコシ、食塩)、ストロベリーパウダー、カカオマス、乳脂肪、バニラ香料
エネルギー:189kcal
内容量:33g

保存方法:高温多湿、直射日光を避け涼しいところに保存
原産国名:スイス
※チョコレートは高温の中で中のココアバターが溶け出し、冷えると表面に白く固まることがあります。品質には差し支えありませんが本来の風味が損なわれることがあります。

 
フェアトレード・チョコレートを選ぶ理由
甘くておいしいチョコレート、でもその裏側をのぞくとそのイメージとはかけはなれた現実が見えてきます。
大規模カカオ農場がたくさんあるコートジボアールやガーナ、ナイジェリアなどではだまされたり、売られたりしてやってきた10歳前後の子どもたちがナタをふるい、カカオの実を取り出す作業を半ば強制的にやらされているケースがたくさんあります。
こうした児童労働の問題は1990年代から指摘されていましたが、現在でもこの現状には大きな変化がありません。
また、カカオを売ることで得たお金が紛争地帯において武器などに使われているケースもあり、カカオ豆の売買は大きな問題をはらんでいるといえます。 
 
 
 
今回ご紹介するフェアトレードチョコレートが作られているカカオ農場ではこのような「奴隷的な」搾取はなく、小規模農家で形成された生産者組合を作って日本を含めた先進国への輸出を行っています。
そして生産者組合が買い叩きにあわないように、先進国の嗜好品を単一栽培することでも暮らしていけるようにと、定められた買取価格で購入することがフェアトレードの仕組みのひとつです。
フェアトレードデザートバー「ストロベリーミルク・シリアルクリスプ」 [1PC107]

販売価格: 420円(税込)

在庫なし

Facebookコメント